事業内容:IT相談

実施期間:1月6日〜12月27日   実施場所:各務原市中央図書館

各務原市から継続受託している「情報関連施設設備管理補助及びIT相談業務」にて中央図書館メディアセンター事務所にて問い合わせに対応しおこなっている。

1年間で延べ72人の利用があった。 受益者:各務原市民72

事業名:パソコン相談

事業内容:IT相談

実施期間:1月6日〜12月27日   実施場所:各務原市中央図書館

各務原市から継続受託している「情報関連施設設備管理補助及びIT相談業務」にて中央図書館メディアセンター事務所にて問い合わせに対応しおこなっている。

1年間で延べ72人の利用があった。 受益者:各務原市民72

事業名:能力別パソコン講習会

事業内容:フォローアップ講習会

実施1219日・27日      実施場所:中央ライフデザインセンター

地域情報化推進員の育成を目的に各務原市から受託し、1講座の定員20名で全5回のうち2回を実施した。情報化推進員の要望により、講習内容はパソコン管理とし、ファイル管理やパソコンのカスタマイズ、メンテナンス方法を予定していたが時間内にすべてを終えることができず来年度に持ち越すことになった。

受益者:地域情報化推進員39


事業内容: パソコン教室(ぴっと・クリック)

実施期間:1月〜12月        実施場所:VRテクノセンター研修室

自主開催のパソコン教室として『ぴっと』を毎週金曜日に開催、既に6年目になる。パソコンの勉強だけでなく上高地へ写真撮影会に出かけたり懇親会などもおこなっている。

また、『クリック』は5年目になり、基礎的なことからビスタにも対応した指導をおこなっている。 受益者:岐阜県民29


事業内容:中央図書館 市民IT講習

実施期間:1月〜12月        実施場所:各務原市立中央図書館

各務原市が実施する市民対象のIT講習(入門講習・ワード入門・エクセル入門・ホームページ作成入門・プレゼンテーション入門・フォトショップ入門・画像加工)16講座おこなった。

講習は、1回12時間でおこなわれ、今年度新たに画像加工プレミアエレメンツ入門講座を追加した。各務原市地域情報化推進員が補助講師として多く参加協力している。 受益者:各務原市民456


事業内容:ITリテラシー向上事業(学校パソコン指導)

実施期間:1月〜12月        実施場所:各務原市内の全小学校

各務原市よりITリテラシー向上事業を継続受託し5年目になる。市内の小学校の4年生以上の児童にローマ字入力・ワード・エクセル・パワーポイントの段階に応じたカリキュラムを作成し、各クラスごとの希望内容を担当教員と調整しながら指導、しかし新型インフルエンザの影響があり学級閉鎖で予定変更が多発、スタッフの調整がかなり大変であった。各クラス3時間の授業で、144クラス延べ432時間。

受益者:各務原市内小学校児童約4,300


事業内容:くるるパソコン入門

実施期間:1月〜12月        実施場所:VRテクノセンター研修室

十六銀行と名古屋大学との産学共同プロジェクト「人循環型社会支援機構」くるる講座のうち、シニアのための「パソコン入門」を十六銀行より受託し実施。1コースは13時間の5回、計15時間、定員20名にて実施。講師は、理事長他計3名のスタッフ。TA(補助講師)は、正会員団体松が丘パソコンクラブのボランティア平均10名が対応。

受益者:岐阜県民110


事業内容:中央ライフデザインセンター 成人講座

実施期間: 1月〜12月        実施場所:中央ライフデザインセンター

中央ライフデザインセンター主催の講座で、電源の入れ方、マウスの使い方や文字入力・インターネット活用など初めてパソコンを使う人を対象にした講座を3回、ワードによる文書作成を2回、今年度新たにエクセル入門出納帳作成を追加し、地域情報化推進員との協働にて実施した。毎回、募集人員を越える受講希望がある。

受益者:各務原市民120


事業内容:日本情報処理検定協会 検定試験代行

実施期間:1月〜12月        実施場所: VRテクノセンター研修室

日本情報処理検定協会主催の検定試験を4回実施。種目には、日本語ワープロ・文書デザイン・表計算・データベース・ホームページ作成・パソコンスピード・プレゼンテーション作成があり、1級3種目を合格し検定委員長賞を2名受賞することになった。又、VRテクノC研修室を会場としておこなわれるIT系職業訓練の受講者が資格取得を目指し受験、その受験申込受付・試験実施をおこなった。

受験者:延べ141


事業内容:ノビルサー夏期特別講座 アニメーション制作講座

実施日: 7月21日・28日・30日  実施場所:中央ライフデザインセンター

各務原市教育委員会から委託を受け、オンリーワン教育事業として、各務原市小中学校長会主催により実施。今年で5回目を迎え、応募者数も多くなり1日6時間の講座を3回開催いした。

対象は各務原市内の小中学校の児童・生徒で7 人が参加、例年以上に参加希望者が多く、高学年を優先的に選考した。制作した作品はかかみがはらアニメコンテストに応募することになっており、絵コンテ(ストーリー)作りから、キャラクターの造形、コマ撮り、音入れと作業を進め、ひとつの物語にしていきます。講座終了の作品鑑賞会では保護者にも参加頂き大きな歓声があがる場面もありました。

この講座の1作品がかかみがはらアニメコンテストのギャラリー賞に選ばれた。 受益者:各務原市内小中学校児童生徒72


事業内容: ぎふアニメ制作ワークショップ

実施期間: 1月〜12月       実施場所:中央ライフデザインセンター

学校が休みの土曜、日曜や長期休暇の夏休みなどを中心に常設ワークショップとして、制作体験を開催、子どもからシニアまで、幅広い年齢層の方に利用していただき、親子やグループで参加される方が多く、ホームページを見て興味を持った県外からの訪問もあった。また、何度も通ってかみがはらアニメコンテストへの応募作品を作成された方など常連も多くなってきた。受益者:264


事業内容:アニメ制作講習

実施日:3月〜9月          実施場所:岐阜県内公共施設

全国豊かな海づくり大会 ぎふ長良川大会のキャラクター「ヤマリン」を使った環境啓発アニメ制作講座を岐阜県地球温暖化防止支援銀行助成金の活用や民間法人の協賛金により、自主事業として各務原市、下呂市関市、岐阜市にて開催した。CO2削減やゴミの分別など環境に関するテーマにてアニメを制作し環境啓発にも貢献できた。また、学校アニメ指導として、市内の小中学校の課外授業や特別支援学級にて短時間での講座を開催し子どもたちにアニメ制作を楽しんでいただいた。特に特別支援学級においては、参加者に大変興味を持って取り組んでいただけ、学校の先生に高く評価を頂くことができた。

受益者:岐阜県民344


事業内容:アニメ制作体験教室

実施日: 7月6日・8月9日・10日 実施場所:岐阜県内公共施設

県内の公共施設で例年開催されるキッズパラダイス(未来会館)サマーフェスティバル(ふれあい会館)など、イベントにアニメ制作体験教室を出張開催した。今年は、特に環境啓発をテーマとしたアニメ作成に取り組み、県からの依頼により、岐阜アリーナにて開催された「ぎふエコサミット2009」にも出展した。

また、民間の施設(大手ショピングセンター)からの依頼があり、イベント会場にて開催、来場者に大変な人気があった。

受益者:岐阜県民及び近隣住民969

事業内容:2009かかみがはらアニメコンテスト

実施期間: 7月1日〜8月29日   実施場所:各務原市産業文化センター

各務原市の助成や民間企業の協賛、その他団体や個人の協力を受け自主事業として開催した。第3回アニメコンテスト授賞式やプロの指導よる教室、アニメ制作体験や子ども縁日など、子どもから大人までが楽しめるイベントを企画、会場には海つくり大会のキャラクター「ヤマリン」や各務原キムチのキャラクター「キムピー」が登場、会場へは、700名を超える来場があった。

コンテスト作品は、クレイアニメ・パラパラアニメを募集したところ、毎年応募がある東京の中学校美術部や県外の学生などの応募もあり、応募数はクレイアニメ117作品、パラパラアニメ39作品であった。

<受賞作品>

・市長賞 (花と悪魔と1匹の妖精) 

・優秀作品賞 (まっしろぞうくん・シェイプアップ) 

・ベストキャラクター賞(5作) ・K−IT特別賞(2作)  ・ギャラリー賞(2作) ・「ヤマリン」かわいいで賞(2作)  ・パラパラアニメ メルヘン賞(3作)

受益者:約700

市長賞        優秀作品賞

事業名:ホームページ作成及び指導

事業内容:ホームページの作成・更新

実施期間:1月〜月        実施場所:K−IT事務所

各務原市地域情報化推進員会のホームページの管理・更新作業を実施。

会員への情報提供やボランティア募集に貢献した。

 各務原市より受託し制作した各務原市環境まなびサイトの更新作業を行なった。このサイトは、子どもたちに地域素材を扱った資料提供をする事で、体験的な学習につなげることや市民への環境に関する情報を発信することを目的とし、H21年4月に、各務原市のホームページに掲載。

事業名:テレワーク事業

事業内容:映像編集・データ入力

実施期間:1月〜月        実施場所:K−IT事務所、他

名古屋大学医学部からの依頼による教育用映像編集及びDVD作成を行なった。また、スポーツ用品店のショッピングサイトへのデータ入力やアイテム更新作業を行なった。

事業名:その他、情報化社会の発展につながる事業

事業内容:地域情報化推進員会活動支援

実施期間:1月〜12月        実施場所:中央ライフデザインセンター他市内公共施設

各務原市より、地域情報化推進員会の活動支援を目的とする業務を受託し、活動のためのパソコン貸出調整やパソコン管理、ボランティアの活動調整、研修室の使用調整など会の運営の補助的業務をおこなった。 地域情報化推進員約330


事業内容:情報関連施設設備管理補助

実施期間:1月〜12月        実施場所:各務原市立中央図書館

各務原市からの業務委託により、中央図書館内の情報関連設備の維持管理、使用者への援助、サーバ類の日常点検・更新・設定業務や教育工学室など会議室等維持管理、貸出運営や学校・生涯学習団体等への視聴覚機器などの貸出、機器操作指導などの業務をおこなった。


事業内容:各務原NPO法人連絡協議会への参画

実施期間:1月〜12月        実施場所: 各務原市役所他

会の運営に貢献すると共に各務原市さくら祭り、産業農業祭において、NPOのPR活動をおこなった。また、各務原市との共催にて産業文化センターでかかみがはらNPOパネル展示会2009826日から925日の1ヶ月間に渡り開催した。


研修用パソコンの貸出

実施日:2月〜12月         実施場所:K−IT事務所

Windows Vistaに対応できる人材育成と会員のITリテラシーの向上を図ることを目的に平成20年2月より、会員にノートパソコン5台の貸出を行なっている。今では、利用頻度が若干少なくなってきているが、正会員団体の勉強会や個人での利用のため申込利用があった。

 利用回数:延べ211

◆その他:

平成21年度通常総会が開催される

実施日:2月21日          実施場所:テクノプラザ本館

午前、平成20年度の活動報告や収支決算報告などがおこなわれ、今年度の活動に向け活発な質疑応答があった。

昼食後、正会員及び関係者多数の出席により盛大な懇親会がおこなわれ、20年度の功労者として、和田正尚氏が法人設立時より定款の作成や理事としての多大な功績をたたえ特別功労賞が授与された。また、日本情報処理検定協会表彰の会長賞(1級5種目)に5名、検定委員長賞(1級3種目)に5名の合計10名が表彰された。

その後、今井理事長と協力スタッフによる映像コンテンツ制作体験や漫画家、大垣女子短期大学デザイン美術科 篠田英男教授による漫画道場などのワークショップを開催し、有意義で楽しい時をすごす事ができました。